ウエディングプランナーの役割を解説

結婚式を挙げるカップルが、自分の希望や予算に合い、満足度の高い式を挙げることを目指して、段取りの打ち合わせや手配、調整などを行うことがウエディングプランナーの仕事です。ウエディングプランナーは、主役である新郎・新婦が輝き、招待しているお客様に満足してもらう挙式と披露宴を作り上げていくことが大切役割で、内容を解説すると、段取りはもちろん、衣装や料理、ウエディングケーキに引き出物の手配、挙式のスタイルなど、新郎・新婦が決めなければならない多くのことをスムーズに決めることができるように、プロの視点でアドバイスや提案を行うことが仕事です。

はじめに、新郎・新婦やご家族と打ち合わせを重ね、希望や予算などを詳しく聞き取ります。具体的に決めなければならないことが多いので、打ち合わせの計画を立てて、挙式と披露宴のプランを決定していきます。衣装や料理、花をはじめ、招待状や引き出物、ウエディングケーキなどの手配を万全に行います。最近は、自分たちらしい式にこだわる人が多く、ひとつひとつをオリジナルで行いたいという希望が多くなってきているため、プロの視点で、迅速かつ的確なアドバイスを行うことができるような対応力が求められるようになってきています。

仕事内容