ウエディングプランナー 主な仕事内容

相談する

ブライダル業界において花形とも言われるのがウエディングプランナーです。その人にとって人生に一度の結婚式をプロデュースする役割を持ちます。しかしその仕事内容というのは非常に幅広いものなのです。

まず自身が所属している式場にて成約をもらわなければなりません。つまりは営業です。式場の下見に訪れるカップルを接客し、どのような結婚式ができるのか、どのような会場があるのかなどを説明した上で成約をもらうところからスタートします。そして無事に成約をもらうことができれば、結婚式当日までの様々な準備をサポートする仕事に変わります。

結婚式の準備はゲストのピックアップから始まり、招待状の準備や席次表の作成、衣装選びや料理選びなど様々なことを段取りよく決めていかなければなりません。しかしどのように選んでいけばいいのか、またどのように進めていけばいいのかが分かる人はいません。そこでウエディングプランナーが挙式日から逆算して、何をどの時期に準備していけばいいのか新郎新婦に指示を出します。そうして一通りの準備を間に合わせていくのですが、その管理もウエディングプランナーの仕事です。お客様に満足してもらえるような結婚式を実現させるためには、打ち合わせだけではなく地味な事務仕事も行わなければなりません。つまり仕事内容は非常に幅広い職業だと言えます。

ウエディングプランナー