ウエディングプランナー 対話が必要

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーの仕事は、お客様の希望を聞き取り、それを結婚式の形として反映していくことです。そのため、まず重要になるのが、人と対話をする力になります。

結婚式をあげようとして相談に来る人たちは、たいていが初めての結婚式となります。これまで経験があるわけではないので、何を決めるべきなのか、どうしていけばよいのか全く分からない状態できているわけですから、的確に「これが知りたい」「こうしたい」と伝えられることは少ないです。会話を通して、どのようなことを望んでいるのかについて聞き取っていく必要があります。それを積み重ねて、理想の形を探っていかなければならないのです。受け身で話を聞くというだけではなく、そこから相手の望んでいることをくみ取ってウエディングの形にしていくということが必要になってきます。

特に細かい部分までこだわりたいというのがウエディングの特徴です。そういった気持ちに寄り添い、積極的な提案をしていくことが求められます。そのための基礎となるのがやはりお客様との対話です。こうしたことが苦ではなく出来るように、細かいことまで気が付くようにしていくのがウエディングプランナーに必要なことといえます。