ウエディングプランナーの仕事は保障がない

準備や段取り

結婚式の進行や、列席者の方に対するサービス提供の責任者、新郎新婦への進行プランの提案や実施、引き出物、プチギフト、招待状、席次表、席札、会場内の装飾品の手配といった、結婚式に関する、全ての業務を一手に行う仕事が、ウエディングプランナーです。

ウエディングプランナーの仕事は、新郎新婦へのサービス提案や営業から始まり、実際の契約、希望条件の聞き取り、新郎新婦、並びに親族の方の希望に沿ったプランの提案、各種手配、式当日の総合プロデュースまで、多岐にわたるため、非常に細やかな気配りが必要となります。

また、式当日には、どのようなハプニングにも臨機応変に対応できる、柔軟な発想力や対応力が、最も必要とされる仕事でもあります。結婚式というのは、やり直しがきくものではないため、万全な準備をしていても、必ず成功するとは限らない類のものであるため、完璧な進行やサービスプランを練っていても、仕事自体に、成功の保障はないという、非常に難しい一面があります。それ故、結婚式が成功し、滞りなく終えることができた場合というのは、他の仕事にはない達成感を味わうことが出来る他、新郎新婦や列席者の方々の喜びの声を頂戴できるという、やりがいのある仕事となっています。

ウエディングプランナーの仕事は安心感が大切!

花嫁の希望

ウエディングプランナーは結婚式を作り出すのが仕事です。

具体的に言うと、ウエディングプランナーはホテルや結婚式場専属の場合と、各式場と提携したプロデュース企業に属しているプランナーと2種類ありますが、どちらも初めの仕事は式場見学に来たカップルに会場案内や料金などの諸説明をして、会場をセールスするところから始まります。

一般的な規模の結婚式を行うのは100万円以上の多額の費用がかかります。これから始まる結婚生活の第一歩となる大きなイベントに対して緊張しているカップルが大半なので、結婚式当日まで結婚式に関するあらゆる取り決めやアドバイスをするウエディングプランナーは、カップルにとって非常に安心できる存在でなくてはなりません。

実際、結婚式を執り行うには会場の契約から招待客選び、装花、料理、ドレス、メイク・ヘアメイク、引き出物、披露宴のBGM、出し物など決めなければいけないことが満載です。招待するゲストに対して失礼のないよう手配しなければならないことも多いため、その一つ一つを新郎新婦となるカップルと共に話し合い、アドバイスを出し、決められた予算と時間の中で作り上げなければなりません。また、結婚式当日に多方面の従業員たちへ指示をだすプロデュース業も大きな仕事の一つです。

メイク