ウエディングプランナー 気さくな人

ウエディングプランナーは新郎新婦への接客業であり、サービス業なので気さくな方が仕事はしやすいです。もしムスッとした顔で結婚式のスケジューリングをされたとしたら、新郎新婦の嬉しい気持ちも冷めてしまいます。

なので、ウエディングプランナーは常に笑顔が求められます。無理に笑顔を作ると引きつってしまうので、自然に笑顔が作れて、誰とでも気さくに話せるような雰囲気の人は好かれます。好かれるということは、あの人に頼みたい、頼んで良かったと思ってもらえる可能性が高くなるということです。

ウエディングプランナーが独立して一人で活躍するのは、相当苦労します。そういう活躍している人は、仕事はしっかりできるし、気さくに話しかけられるような雰囲気を持っています。

新郎新婦は大きなお金が動く結婚式なので、失敗はできないと緊張していることも多いです。そんな時ににこやかで、話しやすそうなプランナーが出てきたとしたらホッとして頼ることができます。

この仕事で活躍したいのであれば、話しかけやすい、相談しやすい人柄であることが役に立ちます。最初のうちは仕事に慣れなくて硬くなってしまうかもしれませんが、仕事に慣れてくれば笑顔になれる余裕も出てくるでしょう。