ウエディングプランナーは実践で学ぶ

電話確認

ウエディングプランナーになるための専門学校はありますが、座学だけで全てを学べるわけではありません。実際に校内に設置されている結婚式場などを使ったり、実習に行って体験することもあります。

ウエディングプランナーとして実力をつけるためには、新郎新婦に接するという実践が重要です。結婚式に詳しくなく、結婚のスケジュールに不安を抱いている新郎新婦にいかに安心してもらえる提案ができるかが鍵です。

学校でも授業の中で知識を身につけることはできますが、実際に結婚のスケジュールについて悩んでいる新郎新婦と対峙して話をするのはかなり緊張するものです。

最初の実践ではボロボロになるかもしれませんが、もし失敗してしまってもそれをバネにして次の実践に生かすことが大切です。失敗しても諦めないで続けていれば、新郎新婦に感謝して喜んでもらえるプランナーに成長することができます。

逆に、成功したからといってそこで気を緩めてはいけません。もっといい提案はできなかったかなど自分なりに反省点を考えてみましょう。プランニングに100点はないので、そこで満足してしまってはダメです。次はもっといい仕事ができるようにすると常に理想を高くしておくようにしましょう。

手作り