ミスが返金に繋がることも

花の装飾

結婚式のプロデュースを担うウエディングプランナーはとてもやりがいのある仕事であると同時に、大変な仕事でもあります。新郎新婦の意見や要望を聞きながら、どういった式や披露宴にするのか、予算や進行の仕方まで考えなければなりません。そのためには念入りな事前準備が大切ですが、何より大切なのは当日の進行です。当日、式の進行にミスは許されず、必要なものがきちんと揃っているか、スムーズに進行できるだけの準備は整っているのか等、油断せずチェックする必要があります。

式が成功するかどうかはウエディングプランナーの手にかかっているといっても過言ではなく、やりがいはありますが大きなプレッシャーもかかります。そのため、万が一重大なミスを犯してしまった場合、お客さんからクレームが来る可能性もあります。何せ結婚式は人生最大の晴れ舞台であるため、ミスがあっても同じ式をやり直すことはできないのです。そのため、場合によっては謝罪だけでなく、料金の割引や返金といった事態に発展することもあります。

このように大変な一面もありますが、やはり人の幸せな姿を間近で見ることができるウェディングプランナーという仕事は人気の高い職種の一つです。